安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム

ホーム >インタビュー・対談トップ >2010年2月25号 店舗プランニング 社長 飛永 泰男氏/セキュリティ事業部営業部長 入江 正明氏

広告のお申込はこちらから
 

店舗プランニング 社長 飛永 泰男氏/セキュリティ事業部営業部長 入江 正明氏

アナログ・IP対応ハイブリッド「X-NET2nd」
独自DSPチップ搭載の高解像度カメラ等も展示
  店舗プランニング
 
社長 飛永 泰男氏
セキュリティ事業部営業部長
入江 正明氏
ネットワークドームカメラ
ハイブリッドデジタルレコーダー
 

 ビルや商業施設などの防犯コンサルタント、及び防犯カメラシステムの販売・施工をはじめ、DVD/CD研磨機や店舗販促などを展開する店舗プランニング(東京都渋谷区幡ヶ谷2-21-4、飛永泰男社長、TEL03・3378・4901)は、韓国有力カメラメーカーのCNBテクノロジー(ソウル市、Bong Hoon Yoo社長)のネットワーク対応のIPカメラシステムやハイブリッドレコーダーなどをラインナップ、3月開催のセキュリティショーで展示・紹介し、更なる市場拡大に乗り出す。
  そこで入江正明・セキュリティ事業部営業部長にセキュリティショー出展の見どころ、また飛永社長に市場環境や今後の方針を聞いた。

 
―セキュリティショーの見どころ、製品の特長は。

入江
  今回見て頂きたいのが、今春から発売するCNB製の「X-NET2nd」です。これまで、IPカメラとビデオサーバーとのいうのが一般的なシステムですが、これに従来から販売してきましたアナログシステムも統合できる、バージョンアップした一元管理が可能なシステムです。


―トータルマネージメント(CMS)はどこのソフトですか。

入江
 いえ、それもCNBが開発した、一元統合管理できるCMSを用意しました。主にライブ監視向け機能が充実したシステムです。つまり、今度発売するCNBの(BOX、ドーム型)ネットワークカメラは全てIP、アナログ共に接続できるハイブリッド仕様です。これにより、アナログ映像をビデオサーバー、もしくはDVRに流し、CMSと接続することで、どのカメラ映像もCMSでハイブリッドとして統合管理できます。特に、IP化する今日、従来敷設したアナログのカメラシステムに、IPカメラを増設しようとしても既存のDVRでは接続できないものが多く、遠隔監視のみとなってしまいます。その点、このハイブリッドカメラシステムでは現場のDVRで録画をすると共に、IP(LAN経由)を使った本来の遠隔監視も可能です。


―貴社の販売実績ではアナログとIPの比率はいかがですか。

入江
 当社の実績で言うとアナログ80%、IPが20%弱というところでしょうか。これまで、お客様が必要とした監視カメラシステムは、殆どがアナログシステムの製品を導入されたケースが多いほか、一昨年から発売してきたIPカメラシステムも徐々に導入されてきている状況です。中にはIPカメラシステムが発売されればすぐに導入したいというお客様も見える反面、IPの使い方をよく理解されていない場合もあります。今回、ハイブリッド製品をラインナップすることで、IP化のメリットを御提案していく段階に来ており、セキュリティショーを機会に積極的にアピールしていきます。


―他社もIP化した製品を徐々にリリースしてきている現在、他社との差別化という点は。

飛永
 創業以来、高機能かつリーズナブルなアナログ製品の販売が当社の戦略であり、また強みです。そのため、多くのお客様に導入頂いてきました。海外をはじめ、国内でも今後、IP化が加速することは予想されるだけに、当社も時代の潮流に乗り遅れる事がない様、IP、ハイビジョンにも対応する製品を徐々にラインナップしており、金融機関をはじめとするハイエンドユーザー様を中心に御提案している最中です。特に、IP製品だけ見ても機能とコスト面のトータルで評価したコストパフォーマンスでは当社の製品は高いと自負できます。


入江
  お客様の要望されるシステム、及び予算もお聞きした際、遠隔監視が可能なほか、現場での録画・再生を望まれるケースが多々ありますが、多くの場合、DVRをネットワークで接続・遠隔監視する方がコスト的に見ても十分です。全てIP化を推し進めるのはお客様にとってあまり最善ではないので、既存システムを活かした最善化をお勧めしています。結局、当社では既存のアナログとIP化に対応できるハイブリッド化を御提案できるのが強みです。


―長時間(長期間)保存を要望される場合、提案される最適な統合管理システムは。

入江
 CNBブランドのIPカメラは現在、マイルストーンに対応しており、今後、他のシステムとの互換も鋭意、検討中です。


―一方、レコーダーについてはいかがですか。

入江
 今回、アナログのDVR5機種を発売します。カメラ接続台数は4ch、8ch、16chで、容量は最大2TBまで可能ですが、中心は500GBから1TBをラインナップします。
更に、(アナログ映像信号をデジタル処理する)DSPチップをCNB自社で開発しており、今回のショーでは高解像度を特長とする「モナリザ」、またワイド・ダイナミックレンジを特長とした「ブルーアイ」の2タイプを搭載したカメラを展示し、従来製品と実際に映像を比較するほか、パネルでも詳しく紹介します。モナリザのDSPチップを搭載した製品としてドーム型タイプは既に発売しており、BOX型は今春から、また、ブルーアイタイプは今夏からの発売予定です。既に発売しているドーム型には普通、広角レンズ搭載タイプやマイク付きなど、3種類をラインナップしています。


―ハイブリッド製品や独自DSPチップ搭載のカメラなどを市場投入されますが、今後の方向は。

飛永
 アナログ製品からスタートした当社は、信頼を武器にこれまで実績を積んできました。新規参入組も多い斯界では低価格販売するところもありますが、価格対応力、言い換えると適正価格ながらハイクオリティ製品を提供できるのが当社の強みです。また、既に欧米で販売し、信頼を得ているCNBブランドですが、世界出荷量にしめる日本国内での流通量はまだ少ないことが残念です。世界で通じるクオリティの高さ、かつ価格対応力を武器に、今後、更にシェア拡大を目指していきます。