安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2010年6月10日号 海保対テロ特別部隊「SST」、観閲式で初公開

海保対テロ特別部隊「SST」、観閲式で初公開

 
「貨物検査特別措置法」成立で、任務拡大へ −海上保安庁−
 
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2010年6月10日号)

 海上保安庁の観閲式と総合訓練が過日、羽田沖の東京湾で実施され、巡視船や航空機を使った人命救助、更には対テロ特別部隊「SST」の訓練が初めて公開された。
  SSTとは、1996年に海上保安庁が第五管区の大阪特殊警備基地に発足した特殊部隊で、テロやシージャックなどの制圧に当たるのが任務。当日は、停船命令に従わない武装密輸船舶に特別警備隊員が乗り込んで制圧するという場面設定。実際、ヘリコプターから降り立った黒ずくめの3人(SST部隊)が、武装密輸船の看板に降り、きびきびした行動で任務にあたるさまが本邦初公開された。
  なお、先月28日に北朝鮮関係船を対象とした「貨物検査特別措置法」が成立し、北朝鮮に出入りする船舶が核・ミサイル関連の禁輸品を積んでいる疑いがある場合、海上保安庁の特別警備隊員、及びSSTが対応する。(写真提供:海上保安庁、活躍する特別警備隊員)