安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2010年6月10日号 デバイス認証用証明書発行管理サービス

デバイス認証用証明書発行管理サービス

 
国内初、iPadのOTAに対応
安全なリモートアクセス実現
−サイバートラスト−
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2010年6月10日号)

 サイバートラスト(東京都港区、阿多親市社長、TEL03・6889・1575)は、デバイス認証用証明書発行管理サービス「サイバートラスト デバイスID」が、国内で初めてiPad Wi-Fi+3Gモデル(以下iPad)によるOver-the-Air Enrollment&Configuration(以下OTA)に対応したしたことを発表。
  今回の対応により、対象となるiPadの端末識別情報から端末を厳格に確認した上で、iPad内で安全に鍵を生成し、電子証明書をインストールすることが可能になる。また、VPN設定やWi-Fi設定などを制御する構成プロファイルも同時にインストールすることにより、ユーザが個々にネットワーク設定を行うことなく、iPadを確実に端末認証した上で、VPNや無線LAN経由で安全かつ簡易に社内ネットワークへアクセスさせることも可能となる。加えて、構成プロファイルではパスワードポリシー設定、App StoreやiTunesの利用禁止なども行うことができ、業務専用端末として利用する際の基本的なカスタマイズも容易に可能。
  同製品は、端末認証を実施したい企業向けにRA(登録局)をホスティング提供し、端末レベルでの安全で確実な認証及びアクセス制御を可能にする。また、端末認証に用途を特定した証明書発行管理サービスとすることで、低コスト・短期導入を実現している。なお、iPadのOTAは同製品のオプションサービスとして提供する。
  同製品がiPadに正式に対応することで、iPadからのVPNアクセスや無線LANの際にPKIを用いたIPsec VPN、WPA2 EAP-TLSによる強固な端末認証を行い、企業が許可したiPadのみを社内ネットワークへアクセスさせることができ、iPadからのネットワークアクセスにおけるセキュリティレベルをPCと同じレベルまで引き上げる事が可能。また、同製品によりセキュリティが強化されたiPadは、各種情報へのアクセスの即時性に加え、優れた視覚性や操作性と相まって、今後、企業における業務用インターフェイスとして活用される可能性が高まっていくと考えられる。