安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2010年2月25日号 「創立10周年記念祝賀会兼新年交歓会」盛大に開催

「創立10周年記念祝賀会兼新年交歓会」盛大に開催

 
山下史雄・警視庁生活安全部長はじめ、来賓多数列席で −東京都セキュリティ促進協力会−
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから
挨拶する政本理事長
祝辞を述べる山下警視庁生安部長
岡田・東防連会長
吉田・日防設専務理事
 
 
 
 

(2010年2月25日号)

 NPO法人東京都セキュリティ促進協力会(東京都豊島区、政本猛理事長、TEL03・3985・8676)は今月10日、東京・千代田区のグランドアーク半蔵門を会場に「創立10周年記念祝賀会兼新年交歓会」を開催した。
  冒頭、政本理事長が挨拶。
  「本日は平成21年度臨時総会、軍事ジャーナリストの神浦元彰氏による記念講演会、その後の新年賀詞交歓会となりました。来賓には山下史雄・警視庁生活安全部長、(財)東京防犯協会連合会(略称・東防連)の岡田俊邦会長をはじめ、多数御臨席賜りました。平成12年3月に警視庁生活安全総務課の御要請・御指導で会を立ち上げましたが、お陰さまで来月、創立満10年を迎えます。昭和43年10月に防犯警報工業会を立ち上げスタート。その後、関西で近畿会が立ち上がり、全国組織に向け関東・関西で会談を行い、61年6月には(社)日本防犯設備協会が立ちあげられました。その後、警視庁から建物防犯協力員を委嘱され、各警察署における防犯器具展示、防犯相談・診断、防犯講演の講師派遣など、これまでに199回行ってきました。また、東防連さんから東京防犯優良マンション認定制度における駐車場登録制度の調査・審査の委嘱を受け、厳正・公正に実施してきています。このほか、財源の中心となります『学校110番システム』では、当初1650校でスタート、現在、2080校まで拡大しており、子どもたちの安全確保の一助を担っております。また、独自の防犯アドバイザーも第4期生が誕生するなど、“安全・安心して住める東京のまちづくり実現”に向け、引き続き頑張っていきます」と挨拶。その後、10年に及ぶ防犯活動に尽力した功労を讃え、山下・生安部長から、また東防連の岡田会長からそれぞれ同協会(政下理事長)へ感謝状が授与された。
  その後、来賓を代表して山下部長が「協会活動などの御尽力等から都内の犯罪は確実に減少し、昨年の刑法犯認知件数は20万5708件、かつて30万件を超えた時もありましたが、現在の状況は昭和40年代の刑法犯の平均より少ないデータです。地域、社会が一体となって防犯対策に取り組んで頂いた賜です。特に侵入盗は5分の1に激減しました。ただ、振り込め詐欺は再び増加傾向で、全国の約4分の1が東京で発生しています。このほか、社会情勢を反映したコンビニ強盗、ひったくりや万引等が増加しています。警視庁をはじめ、警察が一体となった犯罪抑止を進める中、協会関係者の方々の御協力なくして、安全・安心なまちづくりの達成はありません。今後ともご尽力を賜ります様、お願い申し上げます」と祝辞を述べた。また、岡田会長、吉田正弘・日本防犯設備協会専務理事からも祝辞が述べられた。その後、来賓者一同が紹介され、続いて、警視庁・中島政彦生活安全総務課管理官が乾杯の音頭を発生、乾杯し、和やかな歓談に移った。
  一方、協会創立当時から尽力した会員16名に政本理事長から感謝状が授与され、受賞者一同による記念撮影も行った。