安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2010年1月25日号 日本認証サービス、日本クロストラストと資本・業務提携に合意

日本認証サービス、日本クロストラストと資本・業務提携に合意

 
  −日本認証サービス/日本クロストラスト−
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2010年1月25日号)

 日本認証サービス(東京都港区、春田克治社長、TEL03・5484・1391)と日本クロストラスト(東京都千代田区、秋山卓司社長、TEL0120・979・717)は、電子認証事業分野における資本及び業務提携に合意した。
  日本認証サービスは、1997年に日本初の本格的な民間認証会社として設立され、同社の運用する認証局は、2000年3月に日本で初めて信頼できるルート認証局としてマイクロソフト社製品に登録。また、2001年7月には電子著明法で定められる「認定認証業務」認定の第一号を取得するなど、早くから中立性が高く信頼性のある電子認証サービスを提供している。更に、2009年6月には国際的な認証局の運用基準である「WebTrust for CA」監査基準に適合し、またRSA2048/SHA-1暗号アルゴリズムにも適応した、次世代ルート認証局の運用を開始した。
  日本クロストラストは、2004年に設立され、以来SSLサーバ証明書を主な商材として提供。証明書ユーザに対する管理アカウントの無償提供やSSLサーバ証明書の日本語対応、さらに証明書の有効期限長期化に伴う無償再発行制度「プロテクションプラン」等、独自のサービス提供により市場を開拓してきた。また「暗号アルゴリズムの2010年問題」にも業界に先駆けて対応し、2006年10月よりRSA2048/SHA-1ルート認証局に基づくSSLサーバ証明書の提供を開始。
  両社はこのたびの資本・業務提携により、今後も高い信頼性と利便性を兼ね備えたサービスを開発・提供していく。
  なお、今回の提携に伴い、日本クロストラストは2月1日付で、社名を「クロストラスト」に変更する。