安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2009年8月25日号 最大100倍ズーム 高感度PTZ41万画素PTZカメラ発売

最大100倍ズーム 高感度PTZ41万画素PTZカメラ発売

  −日本防犯システム−
 
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2009年8月25日号)

 日本防犯システム(福岡市博多区、賀来泉社長、TEL092・481・2125)は、最大100倍ズームのPTZドームカメラ「PF-CH801」を発売。屋外、屋内双方で設置可能、耐衝撃設計万能型高感度41万画素カメラとして販売提案を進める。
  今回発売する「PF-CH801」は、様々な環境下で運用可能な、高感度PTZカメラ。屋内はもとより、ニーズの高まる屋外設置にも対応する耐衝撃設計を採用。大きな特長として挙げられるのが、広範囲な撮影に対応可能とした点。最大100倍ズーム(光学10倍、デジタル10倍)を実現。併せて、カメラの向きは、水平方向(左右)はどこまでも回転するエンドレス操作対応。垂直方向は最大90度。こうした機能を付与することで、カメラ方向、ズーム倍率を管理者が設置環境、用途に合わせて自由にコントロールすることが可能。
プリセット機能により、事前登録しておいた監視拠点に向け、迅速にカメラ方向を移動できる。登録は最大64カ所まで。希望小売価格は22万円、年間販売目標は1200台の予定。