安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2009年6月25日号 平成21年度通常総会、開催

平成21年度通常総会、開催

 
今年度も学校110番受託事業が柱 −東京都セキュリティ促進協力会−

 
 
 

(2009年6月25日号)
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

 東京都セキュリティ促進協力会(東京都豊島区、政本猛理事長、TEL03・3985・8676)は4日、東京都内のスクワール麹町にて、来賓に警視庁生活安全部生活安全総務課・大畑誠警部を迎え、協力会役員、会員などが多数出席した「平成21年度通常総会」を開催した。定足数の確認後、議長選出を行い、昨年度の事業内容、収支内容を報告。さらに、今年度の役員改選案、事業計画、及び収支予算について審議した後、満場一致で承認を得た。
  冒頭、政本理事長が「当協力会では、役員の任期満了による改選を行います。様々な意見交換をした上で、新たなスタートを切りたいと考えております。今後ともご支援のほどよろしくお願いいたします」と挨拶。次に、昨年度の事業内容に関する説明が行われ、東京都教育庁から受託している主力事業「学校110番」における2024校への保守・点検業務、2610校への監視業務の順調な運営、また、東京都安全・安心まちづくり協議会への参加による都の事業への協力、警視庁が平成19年よりスタートさせた建物防犯協力員制度への側面的協力を報告。続いて、東京防犯協会連合会から受託した「東京防犯優良マンション・駐車場登録制度」による既築物件2件、図面審査5件の調査・審査の実施と同制度の登録交付完了、また建物への侵入防止を図るリーフレットの作成・配布の実施など、多彩な活動内容が報告された。
  また、任期(2年)満了における役員改選案で、新理事に池袋鍵浩・小高浩社長、カナイ・金井務社長、響製作所・高尾裕之社長、また新監事に東京キーロック・塚口敏彦事業部長を加えた理事21名、監事2名の選任案が発表され、承認を得た。
  続いて、本年度の事業計画として、昨年度と同様に防犯に向けた活動を遂行していくとした。
  最後に警視庁の大畑警部が来賓挨拶。「犯罪発生件数は6年連続で減少を続けておりますが、一方でひったくり等の女性や老人を狙った犯罪が増加しております。昨今の経済後退を受けて、これまで犯罪に無縁であった層が、生活の困窮からひったくりや振り込め詐欺に手を染めるというケースが目立っております。これを受けて、警視庁では、市区町村別に犯罪発生件数の細かな分析を始めており、さらに精緻な犯罪対策に取り組んでいきます。貴協力会との連携を図りながら、防犯に務めていく所存です」と述べた。
  その後、懇親会を開催。和やかな歓談へ移った。
・・・・・・・・・・・
  6月10日号10面に掲載した「東セ協 平成21年度通常総会開催」の記事に誤りがありました。お詫びして、訂正の上、再掲載しました。