安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2009年4月25日号 3年間無償保証でスイッチ関係製品展開

3年間無償保証でスイッチ関係製品展開

 
  −FXC−

(2009年4月25日号)

 FXC(東京都台東区、谷輪重之社長、TEL03・5827・0760)は、映像監視システムなどに活用できる給電機能付(PoE)給電スイッチやレイヤ3スイッチラインナップを拡大。同社製品は3年間無償保証を標準提供。今後はNVR(ネットワークビデオレコーダー)などの発売を視野に、セキュリティ市場への参入を進める方針。

 

 同社製品は広帯域ネットワーク網構築を検討する教育機関、団体などで幅広く採用されている。また映像監視のIP化が進む中、PoEスイッチやH.264録画ユニットなども注目を集めている。
PoEスイッチ「FXC3017PEL」は、大規模監視カメラソリューションに最適な製品として販売。PoE対応の10/100Mbpsポートを16ポート搭載。アップリンクポートとしてギガビット対応の1ポートを搭載。ポート1〜16はIEEE802・3af方式給電に対応。ポートあたり最大15・4W、装置あたり最大120W給電可能。認証機能(IEEE802・1x)サポートにより、セキュアネットワークを構築可能。802・1pTag、DSCP(ToS)による優先制御サポート機能などを備える。また、同社独自開発のH.264録画ユニット「FXC-PV500M2」は、高圧縮技術により、D1解像度/30fpsの高画質映像の長時間録画が可能。ネットワーク機能サポートによって、RTPプロトコルでD1/フルフレーム映像をリアルタイム伝送、録画映像のネットワーク経由で転送することも可能。こうした特長を備えることで、ドライブレコーダーや小型DVR、映像伝送機能を備える災害監視カメラなどへの活用が期待される。今後はドームカメラやNVRなどの製品化も予定。