安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >   広告のお申込はこちらから
 

2009年2月25日号 ハイテク防災・防護コ―ティング剤「LINE-X」

ハイテク防災・防護コ―ティング剤「LINE-X」

−ジャパンホームランドセキュリティコーポレーション/丸高工業−
丸高工業が施工パートナー、施工研修終了で本格展開 LINE-Xファミリー″\想も
EJドゥエベン執行役員と高木専務が固い握手
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2009年2月25日号)

 アメリカ海軍(潜水艦・艦船)、アメリカ国防総省(ペンタゴン)建物施設等の重要施設をはじめ、数々の建物などに広く採用されているハイテク防災・防護コ―ティング剤「LINE-X」(ライネックス)の国内総販売元であるジャパンホームランドセキュリティコーポレーション(略称・JHS、東京都世田谷区駒沢4‐35‐10、E J ドゥエベン・経営企画担当執行役員、TEL03・6712・0957)は、この程、国内総施工先としてゼネコンの丸高工業(東京都品川区東大井5‐26‐22、高木一昌社長、TEL03・3740・5432)とパートナー契約を交わしたほか、初の施工実習も終了した。今後、パートナーを核に国内販売・施工展開を図る一方、全国での施工組織となるLINE-Xファミリー≠煬`成していく考え。
  国内の総施工元となった丸高工業は、耐震補強、リニューアル工事を得意とする設計・施工までを請け負う多能工・エンジニアリング企業。このため、竹中工務店をはじめ、鹿島建設、三菱化学エンジニアリングなどを主取引先に数々の実績を挙げており、9期連続で増収増益を達成している優良企業。
「当社は新しい事にチャレンジする社風があり、今回、防災・防護コ―ティング剤LINE-X≠フ存在を知り、これを新機軸(武器)に喫緊の課題である建物の耐震補強をはじめ、今後ますます需要が見込まれる建物などのリニューアル市場で是非、積極的に施工していきたいですね」(高木栄造専務取締役)と自信を見せる。   
  一方、「LINE-X」は特殊加工したポリウレタンとポリウレアの特殊化合剤で、防蝕、防錆、防水、防音、耐衝撃、耐熱性があり、コンクリート、木材、鉄、セラミックなど噴き付ける素材を問わないほか、施工もスプレーガンで噴射し、壁面や天井などにコ―ティングすると最短10秒で乾燥するため、施工も簡単。また、耐熱性もマイナス40℃から発火温度の360℃まで耐えられるほか、伸び率、硬度、引張強度、接着性強度等に非常に優れる。ただ、実際、施工する際、細心の注意が必要な事は確かで、初の施工実習(2月3〜11日・八千代エキソロン内)に本社から駆けつけたスティーブデッカー副社長は「まず、2つの溶剤を均等に混ぜる事が大切。この液は吹き付け寸前では瞬間温度を65度に保つ事が最も難しい技術ですが、丸高工業さんのスタッフは決められた手順は一度で覚えるなど、レベルは世界的に見ても一流で安心しました。今後の拡大に期待が持てます」と太鼓判を押した。
  建物、特に学校や病院といった災害時での緊急避難所・医療施設をはじめ、ビル・橋梁等の老朽化対策が叫ばれており、重要施設などと共に潜在需要は計り知れないほど多い。そのため、全国のニーズに対応できる施工集団組織LINE-Xファミリー″\想を同時に展開していく方針。