安全安心情報のセキュリティ産業新聞社

新聞のご購読はこちらから
サイト内検索
注目ニュース インタビュー・対談 特集 連載 新製品情報 セミナー情報 リンク セキュリティフォーラム
ホーム >注目ニューストップ >注目ニュース2008トップ   広告のお申込はこちらから
 

2008年11月25日号 1000万円住宅 FC施工「千金堂」誕生

1000万円住宅 FC施工「千金堂」誕生

−千金堂−
600種類から標準品選択
画像クリック→拡大






 
セキュリティフォーラム
過去の記事はこちらから

(2008年11月25日号)

 工事施工面積28〜35坪の一戸建てを1000万円で建てるFC施工集団「千金堂」(本部・東京都渋谷区笹塚3‐57‐12、坂田克巳社長、TEL03・5304・8140)が発足した。しかも、犯罪に遭わない為の予知防犯≠活かす防犯プロ診断や在来工法による耐震性能を取り入れた良質住宅≠フ提供を目指す。当面、関東・中部地区で地場工務店約100店舗程の加盟を見込む。
  「千金堂」とは、まさに1000万円で建てる工務店FC集団。
  事業説明会で来賓挨拶に立った内堀孝史・住環境ネットワーク情報センター代表取締役会長は「母体は、地場で活躍する工務店が中心になり、地域の流通・メーカーとタイアップする一方、ドイツのマイスター制度を模範にした職人・大工を再研修した、技能集団を造る。更に、防犯にも配慮した住宅を目指し、防犯アナリスト(日本防犯学校長)の梅本正行氏の指導を得た、安全で快適な住宅建設となる」と、船出を祝福した。
  また、坂田社長は「事実上の決起大会であり、住宅業界を揺るがす存在になる。発足は関東周辺に11社ほどある工務店集まりのフォレストワーク家づくりの会≠フ責任者が月2回ほど勉強会を重ねた結果。分かりやすい、親切、安心、良質、まじめであるという行動指針の元、幸せづくり、家づくり≠ェ当社の共有理念。千金システムの数々の特長を活かすことで、28〜35坪住宅が1000万均一で建てられ、税込実売価格も1200〜1400万円台を実現する」と挨拶。
  そのシステムは、FCオーナーが600種類もあるモデルから顧客に合う部材や什器などを独自に構築した千金セレクションタワー=i千金WEbシステム)を使い、標準仕様として簡単に選択できる、業界初のシステムを採用。また、耐震強度3を誇るソリッドモジュール、良質なドライセットによる構造材とトレーサビリティ、職人研修・登録制度による高技術確保と店舗間共有、24時間アフター対応や日本防犯学校の防犯対策評価鑑定士の資格を持つ防犯マイスターが防犯プロ診断も行う。更に、環境に配慮した植樹活動等も展開する。
  同FCシステムは、発足時に11社14店舗でスタートし、当面は100社、2011年には370社の加盟店を見込んでいる。
  なお、事業説明会後に懇親会も開催され、日本防犯学校の梅本学校長、並びに阪本一央理事長などが祝辞を述べ、花を添えた。